サイクリング

【サイクリング】登り坂が苦手な僕が峠超えのコースにチャレンジしてみた!(2)

峠に登ってみると自転車の新たな楽しみを発見!!

今まではなるべく平坦な道を選んだロングライドしか興味がなかったんですが、峠に行くようになって自転車の新たな楽しみを発見しました。また、近場にも色んな気候があることにちょっと驚きました。

以下が自転車の新たな楽しみです。

【峠を登ると自転車の新たな楽しみを見つけました】

  1. サイクルコンピューター(以下;サイコン)を使って自分の体をコントロール!ハートレイトモニターという付属品を体に付けて、サイコンとリンクさせ心拍数を監視し上がり過ぎを抑えることで息が上がって苦しくなることを避けます。これが自分の体が車でいうところのエンジンみたいに思えてきてなかなか楽しいです!
  2. 『坂道の傾斜』『ギヤの重さ』『自分の脚力』がマッチしてダンシングが決まった時は自己陶酔!キツ目の斜度の坂(短くても)をダンシングで乗り切ると思わずニヤケます(^・^)
  3. キツイ思いしながら登った後の頂上からの眺めは最高!僕は必ずコンデジ(コンパクトデジタルカメラの略称)を持ってサイクリングしてるので、やっぱり頂上から撮る写真は必然的に多いです。

また、峠を登れば近場でも標高が低いところよりは涼しく、サイクリングの後押しを自然が行ってくれます。

【峠のサイクリングは夏向き!】

  • 平地より気温が下がる!高度100m毎に基本は0.6℃下がると言われているので300m程度の低い山でも2℃くらいは平地より下がります。
  • 峠は森の木により日陰が多く夏の強烈な日差しを遮ってくれます。
  • 風も森の中を通ってくるので平地の風より冷んやりします。

僕が峠を登って感じたのは以上です。あれだけ避けてたのにハマってきてる自分が面白い(笑)☺️☺️☺️

【峠のサイクリングに興味が湧いた方は必要となるサイコン、コンデジについて以下から確認してみてくださいね】
    • 【カメラ】キレイな風景と共にMY自転車の写真を残そう!Part2 サイクリングに携帯できてスマホ以上に良い写真を撮るためにはどんなカメラが良いかを上記の回で喋ってます。
    • suunto ambit 3 sports 僕が使用しているサイコンです。純粋なサイコンというよりスポーツウオッチタイプです。しかし、ハートレイトモニターも付属したタイプがあるので重宝してます。難点はGPSをフルで動かすと8-10時間ほどしか持たないことですが、そんなに長い時間走り続けることも無いので今のところは十分です。ブルベ(ロングライドイベント)などに出る場合はちょっとバッテリーが足らないですね。

それでは次回はちょっと脱線して福岡のうどん事情について喋ってみたいと思います。

跳べバイシクル(^・^)!!

【サイクリング】登り坂が苦手な僕が峠超えのコースにチャレンジしてみた!(1)前のページ

【お店紹介】福岡の食のイメージではうどんよりラーメン。だけど福岡のうどん屋さんはレベルが高い!次のページ

関連記事

  1. サイクリング

    【サイクリング】夫婦でロードバイクに乗ってオススメヒルクライムスポット油山を走り回ってみた

    初心者だけどヒルクライムをやってみたい福岡市近郊のサイクリストにオス…

  2. サイクリング

    【サイクリング】初心者サイクリストと行くとき押さえておくべき注意点ベスト3!

    佐賀バルーンフェスタに初心者サイクリストと輪行し、改めて気付いた注意…

  3. サイクリング

    【サイクリング】ロードバイクを車載して熊本県の阿蘇に行ってみた!

    夏の阿蘇でのサイクリングは雄大な景色、走りやすい道、都市部より涼しい気…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. イベント

    【イベント】8月31日に行われる2018ワールドカップロシア大会アジア最終予選の…
  2. カメラ

    【カメラ】コスパのキヤノン EOS X7 VS 最新機能満載のソニー α6400…
  3. 自転車関連の法律

    【自転車関連の法律】平成29年5月1日に施行された自転車活用促進法によって、日本…
  4. ウェア

    【ウェア】スーツを着たくない会社員に朗報!オフィスカジュアルで自転車通勤にも最適…
  5. アクセサリー

    【インソール】Shock Doctorの「Protective Insole …
PAGE TOP