アクセサリー

【アクセサリー】ライト、ベル、鍵、スタンドはクロスバイクに乗るときは必須です!(1)

自転車を買ったときにママチャリには付いててクロスバイクに付いてないアクセサリーは意外と多い?!

ママチャリには標準装備なのにクロスバイクには付いてないアクセサリーは多いんです。中でも法律で定められている絶対必須のアクセサリーからご紹介しますね。

【ベル】

これ意外でしょ!公道を利用して行われるサイクルイベントでは自転車の装備品としてベルの装着が義務付けられてます。だけど、大きなベルはクロスバイクにはかっこ悪いですよね。そこで紹介するのがKNOGの『Oi BICYCLE BELL LARGE BLACK』!デザインが秀逸で自転車のアクセントになります。また、僕も持ってるんですが音色が品があってオシャレ。色も3色あるので自転車の色や好みに合わせられます。

Oi BICYCLE BELL LARGE BLACK

Oi BICYCLE BELL LARGE SILVER

Oi BICYCLE BELL LARGE BRASS

 

 

 

 

 

【ライト】

実はライトは法律上では必須ではないんです。法律ではトンネルや暗い場所を走るとき、反射器材の装着が義務付けられています。

 

 

 

 

しかし、反射器材だけだと夜道やトンネル内は危ないです。車やバイクのライトに反射するだけなので、角度によっては運転しているドライバーに対して光の反射が届かず認識されないケースがあります。やはり夜道やトンネル内では前照灯と尾灯を点灯させるのがベストです。このライトについてもサイクルイベントでは自転車装備品の必須項目になっている場合が多いです。

僕は取り外しが簡単なタイプのものを使ってます。暗いときだけ取り付けるので、通勤時などはカバンの中に入れてます。そのため、盗まれたりすることも無いですよ。またUSB充電タイプにすれば電池を交換する必要もなく便利です。

前照灯はLEZYNEのLEDライトを使ってます。帰宅が遅くなって夜になっても十分な明るさがあるので車やバイク、人からの認識は抜群です。デザインも洗練されてるので自転車の容姿をカッコ悪くする事はないです。

LEDライト Y11 HECTO DRIVE 400XL BLACK

 

尾灯は点滅パターンが多いKNOGのLEDライトを使ってます。また、デザインが良いのでお気に入りの自転車のアクセントなります。とても明るいので夜間に自転車に乗るときは安心感があります。

BLINDER MINI NINER REAR BLACK

 

このベルやライトを展開しているKNOGというメーカーはオーストラリアのメーカーで国際的なプロダクトデザイン賞もたくさん獲得しているので、オシャレな自転車屋さんには必ず置いてありまので要チェックです。

法律上必須のアクセサリーは以上です。

普段乗る上でクロスバイクに必要なアクセサリーは他にもありますが、ちょっと長くなりそうなので鍵とスタンドについては次回喋りますね。

跳べバイシクル(^・^)!!

 

関連記事

  1. アクセサリー

    【アクセサリー】サイクルコンピューターはサイクリストにとって必須ですよね!

    サイクルコンピューターは何故必要なのか?まずサイクリングにハマって…

  2. アクセサリー

    【アンクルバンド】自転車での通勤に必須なズボンの裾を縛るバンド買ってみた!

    自転車での通勤時にスボン右足の裾あたりをチェーンの油で汚してしまった…

  3. アクセサリー

    【アクセサリー】ライト、ベル、鍵、スタンドはクロスバイクに乗るときは必須です!(2)

    法律的には無くても大丈夫なんですが、無いと困るアクセサリーとは?マ…

  4. アクセサリー

    【テレビ】自転車ロードレースやサイクリング動画視聴のために55型有機ELテレビを買ってみた!

    我が家の液晶テレビが購入して10年経過、画質や電源の入り方の悪さが気…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 場所紹介

    【駐輪場】自転車で博多駅に通う人へ朗報。9月22日オープンの都ホテル博多の地下に…
  2. ウェア

    【ウェア】本格的な寒い冬へ向け、夫婦でそれぞれ買った保温性・防風性・着心地が良い…
  3. サイクリング

    【サイクリング】夫婦で走ってみて分かったUFOラインサイクリングの5つの注意点
  4. ロングライド

    【ロングライド】クロスバイクに乗って100km単独ライドに出かけてみた!
  5. サイクルロード

    【サイクリングロード】しまなみ海道サイクリング3つの魅力
PAGE TOP