自転車関連の法律

【自転車関連の法律】道路交通法違反行為への対応の在り方と自転車の危険性について。自転車は強制加入の保険制度が無いので相手に怪我させてしまうと深刻な事態に!

自転車に対する法整備が進む?!

自転車活用促進法の施行に伴い、徐々に厳しくなると予想される自転車での道路交通法違反者への対応。自転車は道路交通法上では軽車両と位置付けられるため、基本的には車やバイクの罰則と同等の規定が定められています。免許制ではないため減点や免停のような措置はありませんが、危険行為を繰り返すと自転車運転者講習というものを受ける義務付けがされています。

【自転車運転者講習】
悪質・危険な自転車運転者に対する講習制度。乗車中に信号無視などの危険行為を行い、交通違反による取り締まりや交通事故で3年以内に2回以上摘発された者に、受講命令が下る。従わない場合は5万円以下の罰金。
対象者:14歳以上

信号無視などの道路交通法違反で罰金が適応されたことは聞いたことないので、現時点での実質的な罰則はこの自転車運転者講習ということになるのですが、この自転車運転者講習が実施されたというのも年に数件しか聞きません。。。よって、自転車の道路交通法違反者への対応は今から段々と厳しくなると予想されます。

ただ、僕が一番懸念してるのは事故を起こしてしまった場合の対応です。今回の自転車活用促進法で事故で怪我を負わせた場合の損害賠償保障制度の在り方を検討し始めましたが、車やバイクのような強制加入の自賠責保険のような制度はまだありません。しかも道路交通法の曖昧な実態のおかげで自転車で歩道を走る人もかなり多いです。そのため、自転車と歩行者の接触事故が多発してるんです。

【僕が見た実際の自転車事故】
  • 自転車同士が正面衝突!片方はスマホを見ながら自転車を運転。。
  • お婆さんにぶつかって転倒させておいて、その自転車はそのまま走り去る!

これどちらも人身事故です。車やバイクの場合なら、警察を呼んで現場検証を行い怪我があれば自賠責保険や任意保険で対応するということになります。

しかし、自転車は強制加入保険がないので任意保険に加入していなければ、全額を怪我を負わせた加害者側が負担するということになるのです。また、万が一被害者側が亡くなってしまった場合は1億円以上を加害者側が支払うケースもあります。

実際の事故例などは以下で確認してみて下さい。

自転車事故の賠償事例

自転車を運転するときは特に歩行者には気を付けてますが、万が一の場合に備えて僕は以下の損害賠償の任意保険に加入しています。我が家は夫婦2人だけなので夫婦型に入ってますが、自転車に乗れるくらいのお子さんが居るなら家族型に入ることを絶対オススメします。子供はなかなか危なっかしい運転するので、子供本人のためにもご家族のためにも任意保険に入りましょう!年間数千円で莫大な損害賠償のリスクが無くせて自転車を楽しめるなら安いもんです。

からだの保険(障害定額)

他にも色んなタイプがあるので吟味されてみて下さい。

 

また、一度は自転車交通法について調べてみるのも良いと思います。

自転車に関する道路交通法を守って楽しいCyclingLifeを楽しんで下さい。

それでは次回は遂にSPDペダルからSPD-SLへとペダルを付け替えたので、その取り替え方法とペダルの感触について喋りたいと思います。

跳べバイシクル(^・^)!!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. パーツ

    【パーツ】見た目と乗り心地を変えるクロスバイクの3点カスタム
  2. イベント

    【イベントレポート】今年もRaphaのPop-Up-Fukuokaがオープンしオ…
  3. ウェア

    【ウェア】乗ってみて分かった自転車の乗り方に合わせたウェア選び!
  4. サイクリング

    【サイクリング】ロードバイクに乗って夫婦でサイクリングする時の注意点と極意!
  5. ロングライド

    【ロングライド】ロングライド時の違いクロスバイクVSロードバイク!
PAGE TOP