ウェア

【ウェア】冬に向かって寒くなっていく時期の失敗しないサイクリングウェア選び

寒い時期でもサイクリングしたい!そんな方に今までの僕の失敗を踏まえてウェア選びのポイントをご紹介します。

 

サイクリングに行く日、まず朝起きてウェアを選ぶときに考えるのはこんな感じです。

【ウェア選択のとき考えること】
  1. 天気予報による当日の最高気温:朝夕は気温が低いですがペダルを回し始めると10分ほどで暖かくなります。そのため、最高気温をベースに考えておくと間違いないです。
  2. 走るコースの上りと下りの距離:上りで暑くなったら前のファスナーを開ければ涼しくなりますが、下りで寒くなると対策なしです。
  3. 太陽の日差しの有無:晴れの日と曇りの日では体感温度が2℃〜3℃変わります。天気予報の気温は百葉箱の中に温度計を置いて測るため、晴れの日の場合は天気予報の気温に2℃〜3℃プラスした気温が体感温度です。

このように、天気予報でその日の天候と最高気温を調べて体感温度を計算してからウェア選びすると失敗しないです。

【晴れの日の場合のウェア選びの基準となる最高体感温度】

最高体感温度=(その日の最高気温)➕(2℃〜3℃)

【曇りの日の場合のウェア選びの基準となる最高体感温度】

最高体感温度=その日の最高気温

この最高体感温度を基に寒い時期は3段階のウェアを準備してます。

【トップス】
  1. 夏用ベースレイヤー➕夏用ジャージ➕アームウォーマー➕ウィンドブレーカー:体感温度20℃〜。この組合せは細かな体温調節が可能です。アームウォーマーやウィンドブレーカーは脱いだら細かくたためるので。                         
  2. 夏用ベースレイーヤー➕防風タイプのロングスリーブジャージ:体感温度15℃〜20℃。僕が一番好む組合せです。裏起毛では無いジャージはゴワつかず軽いので快適にサイクリングできます。                                                                       
  3. 冬用ベースレイヤー➕防風タイプの裏起毛ロングスリーブジャージ:体感温度10℃〜15℃。このくらい気温が低くなってくると保温性のあるウェアが良いです。
【ボトムス】
  1. ビブショーツ:体感温度20℃〜。真夏用ではない少し厚手のビブショーツがベストです。                                                                         
  2. ビブショーツ➕レッグウォーマー:体感温度15℃〜20℃。暑い場合に脱げるレッグウォーマーは微妙な気温の時に活躍します。
                             
  3. ビブタイツ:体感温度10℃〜15℃。足首までしっかり保温対策できます。                         

僕は当初ウェアについて気にしてなかったので暑すぎて辛くなったり、寒すぎて家に引き返したり色々失敗しました。皆さんは気温に合わせて適切なウェアを選んでサイクリングを楽しんで下さいね。

10℃以下の厳しい冬のウェアについては以下の過去記事で喋っているので気になる方はクリックしてみて下さい。

【サイクリング・ウェア】厳しい冬、自転車から降りてる時間が長いときにチョイスするウェアの極意!シクロクロスのレース観戦へロードバイクで行ってみて分かったこと!

ここまで読んでいただいた皆さん有難う御座いました。

次回は、ポタリングで行ける福岡市内の写真映えスポットについて喋ります。

跳べバイシクル(^・^)!!

関連記事

  1. ウェア

    【ウェア】本格的な寒い冬へ向け、夫婦でそれぞれ買った保温性・防風性・着心地が良いビブタイツとは?!

    寒い冬のサイクリングに必須アイテムのビブタイツを夫婦でそれぞれ購入し…

  2. お店紹介

    【ウェア】大阪へ行ったら絶対に寄るべき厳選サイクルアパレルショップ3店!

    地方にはなかなか無いサイクルアパレルの実店舗をご紹介します。…

  3. ウェア

    【ウェア】Cafe du Cycliste Heidi Winter Jacketは冬の自転車通勤後…

    冬の自転車通勤、仕事中のアウター、サイクリング、休日の私服、全てのシチ…

  4. イベント

    【イベント】4月8日サイクルウェアブランドのRaphaが福岡にやって来る!

    4月8日〜5月7日まであのRaphaが福岡に期間限定ショップを…

  5. ウェア

    【ウェア】サイクルウェアを見直して、より楽に、より遠くまで、より速く走ろう!

    自転車にハマり始めたら、まずはウェアにこだわろう!少し前に喋った『…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. カメラ

    【カメラ】コスパのキヤノン EOS X7 VS 最新機能満載のソニー α6400…
  2. ポタリング

    【ポタリング】桜を探して福岡市周辺を嫁と一緒にサイクリング。福岡市の桜の穴場と定…
  3. ロングライド

    【ロングライド】クロスバイクに乗って100km単独ライドに出かけてみた!
  4. ウェア

    【ウェア】Cafe du Cycliste Heidi Winter Jacke…
  5. サイクリング

    【サイクリング】絶対気を付けて欲しい気温35℃を越える猛暑日にサイクリングすると…
PAGE TOP