ウェア

【ウェア】暑い夏のサイクリングに大事なベースレイヤー選びの極意!

暑い時期にサイクリングすると大量の汗をかきます。その汗でウェアが肌にベタつくのを防ぐためにはベースレイヤーが大事!

サイクリングを始めたとき、ショップの店員さんから以下の理由でベースレイヤーは着るべきと教わりました。

  • ウェアが汗を吸って肌にベタつくのを防ぐ。
  • ダウンヒルなどで汗が蒸発していくとき体が冷えるのを防ぐ。

要は上半身を快適に保つためには、ベースレイヤーを着た方が良いということです。

そこで、あまり考えずに取り敢えず購入したのが↓

★パールイズミのクールフィットドライ ノースリーブ

吸水速乾性で重宝しました。

今でも着てます。

しかし、気温30℃を超えるようになると大量の汗をかくため速乾性が追いつかない!

最初はそんなもんかと思ってました。

が、サイクリングに慣れてくると次のことが気になり始め。。。

  • ベースレイヤー自体が肌にベタつく。
  • 汗が乾いていないのでダウンヒルで冷える。
  • お店に入った時ウェアが汗で濡れてて寒い。

遂に我慢できなくなりました。

そこでどんなベースレイヤーが良いか独自調査。

結果↓の特徴をもつベースレイヤーが良いという結論に至りました。

1.フルメッシュ:通気性が良く速乾性が高いため。

2.高い伸縮性:体にジャストフィットすることで汗溜まりを無くして不快性と汗冷えを防ぐため。

この点を考慮して製品を探し、PISSEIのベースレイヤーを購入しました。

★PISSEI ベースレイヤー ルソン-YEL

(生地)

着用してみると少し厚手に感じますが、通気性が良ので暑くありません。

(着用して走ってみた感想)

速乾性が素晴らしく全く汗でベタつかない。

汗冷えも無しません。

やや厚手と感じる生地のおかげで吸水性が非常に良いです。

肌を常にドライに保てるので快適!

すると嫁もメッシュタイプのベースレイヤーが欲しいと言い始めました。

しかし、探し始めると女性用メッシュタイプのベースレイヤーがなかなか無い。。。

そんなとき見付けたのがこれ↓

★ASSOS Skinfoil NS Summer

ASSOSのユニセックスタイプになりますが、身長160cmの嫁にもXSサイズでピッタリでした。

メーカーもユニセックスタイプと謳っているので女性でも着れます。

詳しくはASSOSの公式サイトを覗いてみて下さい↓

SKINFOIL NS HOT SUMMER BASE LAYER

皆さんもメッシュタイプのベースレイヤーを着て快適なサイクリングを楽しんで下さいね。

暑い日のサイクリングを楽しむためのポイントは以下の過去記事をチェック!

【サイクリング】絶対気を付けて欲しい気温35℃を越える猛暑日にサイクリングするときの5つの注意点

ここまで読んでいただいた皆さん有難う御座いました。

次回は実際に僕が走ったオススメのサイクリングコースをまとめますので乞うご期待!

跳べバイシクル(^・^)!!

関連記事

  1. ウェア

    【ウェア】自転車に快適に乗れて仕事にも着ていけそうな男性向けの洋服について(2)

     ここ2年ほどで揃えていったビジネスカジュアルな洋服↓それでは、前…

  2. ウェア

    【ウェア】Cafe du Cycliste Heidi Winter Jacketは冬の自転車通勤後…

    冬の自転車通勤、仕事中のアウター、サイクリング、休日の私服、全てのシチ…

  3. アクセサリー

    【サイクリング】雨の日にロードバイクに乗って夫婦で135km走ってみた!(準備編)

    僕は基本的に雨の日は自転車に乗りません。しかし、楽しみにしていたサイ…

  4. イベント

    【イベント】4月8日サイクルウェアブランドのRaphaが福岡にやって来る!

    4月8日〜5月7日まであのRaphaが福岡に期間限定ショップを…

  5. ウェア

    【ウェア】自転車に快適に乗れて仕事にも着ていけそうな男性向けの洋服について(1)

    自転車にも快適に乗れて仕事にも着ていけそうな男性用の洋服の条件とは??…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. サイクリング

    【サイクリング】寒い冬の体力作りにはご近所ヒルクライムがオススメ!
  2. サイクルイベント

    【イベントレポート】2018/5/12 Rapha PrestigeHIRADO…
  3. 未分類

    【お店紹介】サイクリング中に寄った福岡の美味しいお店をいくつか紹介
  4. サイクリング

    【サイクルイベント】英彦山サイクルタイムトライアル大会の応援のために、自分もゴー…
  5. カメラ

    【カメラ】コスパのキヤノン EOS X7 VS 最新機能満載のソニー α6400…
PAGE TOP